08

埼玉支店 営業
2011年入社

S.Iさん

先輩紹介08

HUMAN 08

2年目の自分に、
「なんでやねん!」と言ってやりたい。
S.Iさん写真

「パチンコの営業とは、パチンコ台を販売して、お給料をもらい、そのお給料をパチンコに注ぎ込む仕事」。大阪支店の先輩たちから、新人時代に教えてもらいました。ここでの3年半は、僕のルーツ。失敗も成功もたくさん経験させてもらいました。

一番忘れられないのは、2年目の大失敗。お客さんのホールへ新台を導入する際の、検査に立ち会ったときのこと。1台だけ玉が出ませんでした。ネジ1本締めれば直せる程度のことだったのですが、当時の僕はノリだけで営業していたので、機械の知識が乏しく、「ムリですね」とアッサリ諦めたんです。そしたら、お客さんがカンカンに怒ってしまって「帰れ!」って。僕も当時はゆとり世代全開だったから、「あ、そうですか」って帰っちゃったんです。事務所に戻ると、先輩にひどく叱られて、「今すぐ謝りに行くぞ」と一緒についてきてもらうことに。先輩は機械も、僕とお客さんとの関係も手際よく直してくれました。僕のために頭を下げている先輩の姿を見て、「変わろう」と決意。機械のしくみを勉強し、何よりもお客さんに誠意を持って接するようになりました。

「なんでやねん!」が自然に使えるようになってきた3年目の秋に、現在の埼玉支店へ異動。今日も僕は埼玉のホールさんを相手に、関西仕込みのノリと人情で営業活動をしています。

S.Iさん写真02
埼玉支店 営業S.Iさん
埼玉出身。大阪支店に配属されたときはブーブー言っていたが、3年半ですっかり関西に染まる。夢は営業でトップ成績を収めたのちに、開発部でヒット機種をつくること。給料の大半は、パチンコ業界と競馬業界の発展のために費やしている。
pagetop