投資家向け情報

IRポリシー

基本姿勢
当社は株主・投資家の皆様に対し、当社の経営方針や業績・財務に関わる情報などを分かりやすく公平かつ正確に提供することを基本方針としています。また、適時適切な情報開示を心掛け、積極的なIR活動を展開します。
情報開示基準
金融商品取引法などに基づく法定開示制度や、東京証券取引所の有価証券上場規程に基づく適時開示制度により、会社情報を適時適切に開示します。また、法定開示や適時開示の対象とならない情報であっても、投資判断に影響を与えると思われる重要な情報については、公平かつ迅速に開示します。
情報開示方法
適時開示規則に基づいて開示する情報は、東京証券取引所が提供するTDnetにて開示します。また、適時開示規則に該当しない情報についても、株主・投資家の皆様の理解を深めていただくため、速やかに当社のホームページに掲載します。
情報開示体制
当社は、IR活動の対応窓口として広報・IR室を設置しています。
また、決算等に関する適時開示事項については、情報開示責任者である管理本部長が、集約された情報について発生部門または必要に応じて関連部署と協議し、開示の必要性および開示内容についての十分な検討を行います。開示の必要があると判断した際には、社長または取締役会への報告および承認後、遅滞なく開示します。
IR活動沈黙期間
決算情報の漏えいを防ぎ、公平性を確保するために、決算発表日前の一定期間(約4週間)をIR活動沈黙期間としています。この期間中は決算にかかわるお問い合わせへの回答やコメントを控えさせていただきます。ただし、この期間中に適時開示に該当する事実が発生した場合は、適時適切に開示します。
 将来の見通しについて
当社が開示する情報に記載してある業績見通し等の将来に関する記述は、これらは開示時点で入手可能な情報に基づく判断及び仮定に基づいて開示しており、実際の業績等は様々な要因により大きく異なる可能性があります。
当社ホームページの位置づけ
当社は、株主・投資家の皆様に当社への理解を深めていただけるよう、当社のホームページを通じてさまざまな情報を発信しています。 適時開示された情報や、その他の公開情報は、速やかに当社のホームページにも掲載することを原則としていますが、情報通信技術上の障害等により、掲載が遅れることがあります。
当社ホームページのご利用にあたっては、これらを十分にご理解頂くとともに、別途掲載している免責事項も合わせてご参照ください。